想うのは、昭和の年ですよ。関西に4球団。阪神。南海、近鉄、阪急という。残り京阪とかも持っていたら、ほとんど関西の著名私鉄が軒並み球団を持っているということになっていたし、どんなに関西が、国鉄よりも私鉄のほうが威力があったのかな?というね。
南海が大阪アリーナ。近鉄が藤井寺に日生アリーナ。阪急は西宮アリーナとね。パリーグの幾分が、関西でやっている。
で、パは、日本ハム。ロッテ。西武って関東に固まっている。現在は大違いですよね。
今は、関西はオリックスだけですし、福岡にソフトバンク。仙台に楽天。北海道、札幌に日本ハムという結果ね。ロッテは千葉だし、西武は所沢でね。見事に散りましたよね。
引っ越しは大変かな?は想うけれども、地区で根付いているのもありそうですけれどもね。
そんなに考えると、地区に分隊が散ることによって、その地区でエリート運動が根付くことにつながっているのも分かるよね。
で、ヤクルトとかはこのままで良いのかな?とか位置付けるのよね。おすすめのホームページ